炭の着火をパワーアップ!恐るべし煙突効果!

木炭を早く着火させたい。
こんな時、うちわで扇いだり、フイゴやファンを使うのも効果的ですが、
自然の力で早く着火させる「煙突効果」もすばらしいものです。
ぜひ、お試しを。

 

煙突着火

この方法は、七輪の全盛期には専用道具も多く販売されていたほど、
昔から伝えられる効果的な方法です。
 
原理はいたって簡単。
缶の内部の火が強力な上昇気流を発生させ、
常に木炭に新鮮な空気が送風される状態となり、
一気に火力が強くなります。
 
長い缶の方が強い上昇気流となり、より効果的です。
 
煙突効果


★七輪本舗おすすめ★

強力!
ファイヤースターター
(木炭着火剤)はこちら

ドラゴン着火剤


缶の煙突

海苔の缶など、なるべく長い缶を用意してください。
缶切りで底をくりぬき、煙突にします。
直径も太い方が一度にたくさんの木炭に着火できます。
トタンなどの金属板を針金で縛って丸めてもかまいません。


●黒炭への着火


●備長炭(白炭)への着火


黒炭に着火する。
ドラゴン着火剤1粒を置き、
上部に空間が空くようにして
木炭を組み上げます。

ドラゴン着火剤2粒
備長炭にはドラゴン着火剤2粒が
必要です。
★市販のゲル状着火剤では
 着火できません。

着火剤を使用しない時は、
黒炭や薪の熾き火を木炭と混ぜ合わせて煙突内に入れます。


木炭を追加する。


 着火剤に火を着けて
 煙突をかぶせ、
 さらに木炭を
 追加します。
 ※空気の通り道を
  確保するように
  なるべく隙間が空くよう
  追加します。

 ★ご注意!
 炭は爆ぜるので、
 のぞき込むと危険です!


上昇気流


 しばらくすると、
 上昇気流により
 力強く燃焼します。


黒炭 - 10分後
黒炭10分後
10分ほどでこの通り、
勢いよく着火しています。

備長炭 - 20分後
備長炭20分後
20分ほどで、この通り。
 


七輪本舗TOPへ