七輪十五徳

七輪にできること「十五種類の使用方法」をご紹介します。
ちょっと無理矢理?もありますが、ご勘弁を!

七輪の使い方 七輪の道具〜着火方法〜火力調整など は →七輪本舗トップページから


一、 焼 く  yaku


七輪と炭火が生み出す、強烈な赤外線が食材の表面をいち早く硬化させ、
風味を閉じ込めて中心部にまで火を通します。

焼きさば

焼き鮭

七輪なら中にまで火が通るのが不思議!
七輪の焼き魚に勝るものなしです。


七輪と炭火


炎ではなくこの写真のような赤外線で焼く!
これが驚きの美味しさを生み出す最大の理由です。

写真は紀州備長炭を着火させたもの。
備長炭は炭全体が赤く光り、強烈な赤外線を発生させます。

 


二、 燻 す  ibusu


煙が美味しさを作ります。
食材の脂が炭火に落ち、煙で燻されて炭火焼き特有の美味しさが加わります。
そのため七輪など炭火焼きでは、どんどん煙を出して焼いてください。
煙を嫌うと美味しさにも嫌われてしまいます。

焼き肉

焼きウインナー

燻煙効果!でさらに美味しく!

モクモクと煙を出して焼く、
うなぎ屋さんや焼き鳥屋さんは、
必ず美味しい店です。


燻煙用チップ


サクラやヒッコリーのチップを燃やして燻煙することもあります。

 


三、 炊 く  taku


ご飯を炊いてから、魚を焼く!
今では七輪での炊飯は珍しくなりましたが、終戦後の長屋住まいでは、
ごく普通の七輪の使い方でした。
七輪で炊く美味しい銀シャリをどうぞ。

七輪で炊飯

かまどのように炊飯


七輪は高火力なので竈(かまど)と同様に一気にふっくらご飯が炊き上がります。

そういえば、アニメ映画「火垂の墓」に何度も七輪が登場しますが、
終戦直後の七輪の使い方は映画の通りで、
もっぱら飯炊きや煮込みに使われることが多かったのです。
竈で炊いたご飯と同じ!最高の銀シャリを是非お試しください。

炭を入れてごはんを炊く

備長炭を入れて炊き上げました。


炊飯しながら鮭を焼く


ご飯を蒸す間に魚を焼きます。
この美味しさの感動は忘れられません。

 


四、 煎 る  iru


七輪の炭火なら銀杏、栗、コーヒー豆などなど、
強烈な赤外線で素早く中まで火が通ります。

煎りぎんなん

煎り栗


たまには趣向を変えて、煎る!というのも楽しめるものです。


煎り器はこちら


コーヒー豆


炒りたてコーヒー


七輪焙煎も是非!
煎りたてのコーヒー豆は抜群の香り!
湯を注ぐとプ〜っと豆が膨れます。

 


五、 蒸 す  musu


七輪で、ほっかほっか!の蒸し焼きいもです。
残り火で焼き芋ができますので、デザートに焼き芋をどうぞ。

蒸し焼きいも

蒸し焼きじゃがいも

焼き芋の詳細はこちら


ふた付七輪


七輪本舗オリジナル、フタ付きの七輪なら蒸し焼きもできるのです。

七輪の使用方法として「蒸す」は意外に知られていません。
食後に是非!

 


六、 煮 る  niru


コトコト、コトコトじっくり煮込みも得意です。
シチューや黒豆をじっくり煮込む。七輪は火持ちがよいので得意です。

シチュー

お粥


下部の風口を閉じ、鍋と七輪の間に隙間をあけて、低火力で煮込みます。

 


七、 燗 す  kansu


肴を焼きながら、ちびちび燗酒。こんなことを始めたら、七輪から離れられなくなります。

朝顔13に酒燗器

ちびちびに酒燗器


黒じょか


焼酎用の酒燗器「黒じょか」
かなり人気のある七輪の使い方です。是非!

 


八、 炒める  itameru


驚きの高火力!
七輪の使い方として「炒める」というのは一般的ではないかもしれません。
しかし、七輪の高火力なら本格的な中華料理もできるのです。

かまどで野菜炒め

お外で七輪で野菜炒め

送風すると家庭ガスを上回る
高火力を発揮します。
屋外なら油汚れも気にせず楽しめます。


高火力


写真は七輪本舗の「DO-7rin」
七輪の高火力に驚きます!

 


九、 暖まる  atatamaru


赤外線でポカポカ。
赤外線は風の影響を受けないのでとても暖かいです。
刺さるような赤外線が手も顔もジンジンと暖めてくれます。

真っ赤な炭火

炭火で暖か


キャンプファイヤー


ちょっとしたキャンプファイヤーのような楽しみ方も♪
寒い日のキャンプに絶対おすすめ!
ヤカンをかけておけば常に暖かいお湯をキープできます。

 


十、 鍛える  kitaeru


七輪鍛造と言い、木炭による鍛造(刃物を鍛える)に活躍します。

刃物を鍛える

送風による温度調整も容易で、
刃物マニアにはよく知られた七輪の使用方法なのです。

炭火の色で温度がわかるそうです。


送風で温度調整


送風すると容易に1000度以上の高温に達します。

←これは七輪本舗の「お外で七輪」

 


十一、 彩 る  irodoru


食卓を彩るのも七輪の魅力の一つ。
何故か、七輪があると食卓が豪華になります。

おしゃれな食卓

暖かい食卓

風情のある暖かい食卓になりますね。


ちょっと飾ってみて



 


十二、 熔かす  tokasu


七輪の内部は、送風により1200度を超える高温になり、灰を熔かすこともできます。
鋳物の鉄器などは熔けて溶岩のように流れてしまいます。

灰が溶けて釉薬になる。

備長炭の灰が溶けて釉薬となり、七輪内部に付着したもの。
1200度くらいで熔けだします。


七輪陶芸1


七輪陶芸2


七輪で陶芸をされる方も多いようです。

 


十三、 熾 す  okosu


七輪は火熾しの達人。囲炉裏や火鉢の炭火熾し専用に使われることも多いです。
※火を「おこす」は、「起す」ではなく、本来的には「熾す」と書きます。

かまどで火熾し

囲炉裏や火鉢用の火熾し専用にも。


煙突着火


送風で温度調整


煙突や送風機で空気を送ると
急速に着火します。

 


十四、 運 ぶ  hakobu


七輪で起した炭火をそのまま火鉢や囲炉裏に運びます。
また、残った炭火を撤収するにも便利です。

火鉢に炭火を運ぶ

ふた付なら運びやすいです。

フタ付きの七輪だと手が熱くならず、
運びやすいです。

 


十五、 消 す  kesu


フタをすれば火消し壺のように、火を消すことができます。
七輪本舗オリジナルならではの使い方です。

ふたをして消す。

残った炭は次回使いましょう。


木炭は無駄な燃焼をさせず、再使用しましょう。
消した炭は火が着きやすいので、次回の種火に使います。

 


七輪本舗TOPへ